一定期間更新がないため広告を表示しています

円形の生地にワタを入れました。


先日紹介したLIBERTYプリントです。

こういう作品にはキルトワタが使われることが多いのですが、こちらは縫いぐるみなどの詰め物に使うワタを使用しました。
できるだけ平になるよう薄い層を何層も重ねているため空気を含み、キルトワタに比べるとより弾力が強く感じると思います。
(じっくりと比べないとわからないので、無駄なこだわりかもしれません。笑)


続いて、有輪商店の綿麻のドット柄です。

大きなドットのため同じ位置に柄がくることはなく、それぞれ表情があります。今回はピンク系が揃いました。色違いでたくさんのバリエーションがあり、幾つ並べても飽きが来ません。とても可愛らしいです。
こちらは、詰め物に使うワタを使用する前に制作したものなので、キルトワタを挟んであります。LIBERTYに比べると生地が厚いため、気持ち平らになるようにしています。



そして、あまりお見せするような良い光景ではないのですが(汗)、間に使うファスナーです。

実はこの工程が一番苦手です。一番細かな部分なのと、やはり金具が付いていると扱いにくいです。これまでに幾つも制作していますが、やっと慣れてきたものの、かなりの集中力を使います。
写真にはあまり写っていませんが、間にリボンと丸カンを挟んでいます。強度を出すための小さなこだわりです。完成品をお披露目する際に、じっくり語りたいと思います。
関連する記事
コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL